料金表

*

保険診療と自費診療の違いって?

歯科医療には保険診療と自費診療があり、材料・方法に違いがあります。
ひとえに「歯の予防・治療」と言っても、受診される方の症状、希望によって様々な選択肢が生まれます。

保険診療
国の認めた材料や方法で行う、機能回復を目的とした治療です。
基本的な口腔内機能の回復をすることができます。
自費(保険外)診療
「保険」という枠を外し、機能重視、外見重視といった目的や希望に最適な材料と治療方法を用いることができます。

はなえみ歯科では、診療前に一人ひとりのご要望をしっかり伺い、
それぞれに最適と思われる計画を提案し、ご自身に選択していただくことで
納得のいく、安心な診療を受けられるよう配慮しております。

料金表

予防歯科

※価格は全て税抜き価格です。

サリバテスト(唾液検査)

トータルリスク
3,000円

SM菌(むし歯菌)のみ
1,500円

ご家族割引あり
サリバテストを受けられた方と同居されているご家族は、初回1,000円 割引

サリバテストイメージ

病気の原因となる菌がお子さんに感染するのを防ぐために、大人の方の今ある歯を残すために。一番身近な、家族みんなで唾液検査に取り組まれると、より効果的な予防につながります。

ダイアグノデントの
むし歯診断

無料

虫歯診断風景

フッ素塗布

無料
(初期う触は保険適用)

フッ素塗布風景

インレー(詰め物)

保証期間:5年

※価格は全て税抜き価格です。

オールセラミックス

60,000円

オールセラミックスイメージ

セレックセラミックインレー

35,000円

セレックセラミックインレー

保険メタルインレー

保険適用

保険メタルインレーイメージ

ベニア

保証期間:5年

※価格は全て税抜き価格です。

ラミネートベニア

100,000円

ラミネートベニアイメージ

クラウン(被せ物)

保証期間:5年

※価格は全て税抜き価格です。

ジルコニア
(レイヤリング)

110,000円

ジルコニア(レイヤリングイメージ

オールセラミック
(ステイニング)

80,000円

オールセラミック(ステイニング)イメージ

メタルボンド

80,000円

メタルボンドイメージ

セレックジルコニアクラウン

70,000円

セレックジルコニアクラウン

セレックセラミッククラウン

55,000円

セレックセラミッククラウン

保険フルメタルクラウン

保険適用

保険フルメタルクラウンイメージ

保険レジン前装鋳造冠

保険適用

保険レジン前装鋳造冠イメージ

ホワイトニング

※価格は全て税抜き価格です。

ホームホワイトニング
専用トレー、ホワイトニングジェル付

片顎(上か下)15,000円

ホームホワイトニングイメージ

インプラント

保証期間:10年

※価格は全て税抜き価格です。

フィクスチャー
(埋入手術料込み)

210,000円〜

フィクスチャーイメージ

上部構造

100,000円〜
アバットメントにより変動

上部構造イメージ

  • GBR(骨増生)

    50,000円〜

  • ソケットリフト

    50,000円

  • サイナスリフト

    150,000円〜

  • CT撮影

    15,000円

  • 画像解析・診断料

    30,000円

矯正治療

※価格は全て税抜き価格です。

  • 矯正相談料

    無料

  • 矯正検査料

    30,000円

  • 診断料

    20,000円

第一期矯正治療
  • 基本料金300,000円
  • 観察料3,000円

第一期矯正治療

第二期矯正治療
  • 基本料金500,000円
  • 調節料5,000円

第二期矯正治療

※第一期治療から継続される場合の基本料金は200,000円
部分矯正治療(1〜8歯)
  • 基本料金150,000円
  • 調節料4,000円

部分矯正治療(1〜8歯)

※部分矯正から通常の全額矯正(第一期・第二期)治療に移行される場合は、その差額分を頂くことになります。
ホワイト加算
透明なブラケット、白いワイヤーを使用して治療

50,000円

ホワイト加算

保定期間
動的治療終了後の観察

観察料3,000円

保定期間

  • インプラントアンカー

    1本につき10,000円

  • 抜歯(自費)

    約3,000円

義歯(入れ歯)

※価格は全て税抜き価格です。

ノンクラスプデンチャー

150,000円〜

ノンクラスプデンチャー

医療費控除

医療費控除とは、自分自身や家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

  • 医療費控除
  • 医療費控除

※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、
扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、
医療費控除額=90万円10万円=80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~
330万円以下
20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~
695万円以下
30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~
900万円以下
33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~
1800万円以下
43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

医療費控除額一覧
※タップして拡大表示